BALLON×La Nuit(ラニュイ)×福間 洸太朗 アンサンブルプロジェクト 「詩曲 炎へ向かって アロマオーナメントセット」発表

BALLONのオウンドコンテンツ「BALLON JOURNAL」を執筆いただいている、編集者 海老原 光宏氏が手掛ける、”肌で聴く名曲”をコンセプトにクラシック音楽からインスパイアされた 香水ブランド「La Nuit(ラニュイ)」と、日本を代表するピアニスト福間 洸太朗氏との アンサンブルプロジェクトにより生まれた『詩曲 炎へ向かって アロマオーナメント セット』を発表いたします。

『詩曲 炎へ向かって アロマオーナメント セット』は、ロシア出身の作曲家、 アレクサンドル・スクリャービン(1872-1915)が死の前年に書いた晩年の傑作「炎へ向かって」から インスパイアされた香りのアロマオイルと、 石膏で型取りした手のアロマオーナメントに垂らして使用するルームディフューザーです。

型を取った手の持ち主は、世界で演奏活動をするピアニスト、福間 洸太朗氏。 2022-23シーズン、スクリャービンの演奏プログラムを組むほど、スクリャービンを愛する福間氏が 弾く「炎へ向かって」の和音の手型を型取りました。

セットはアロマオーナメントと、火の国と呼ばれる熊本県原産の果実「不知火(しらぬい)」を使用をした 鮮やかな柑橘系の香りのアロマオイル10mL、冊子が同梱されます。 冊子にはグラフィカルな「炎へ向かって」の楽譜、福間氏へのインタビューに加え、著述家・プロデューサーの 湯山玲子氏による「ピアニストの手」をテーマとしたエッセイが収録されます。 手のアロマオーナメントは右手と左手をご用意。左右それぞれで記事内容が異なるコレクタブルなセットです。

 

■「詩曲 炎へ向かって アロマオーナメントセット」詳細

発売日:2022年10月19日(水)~24日(月) 伊勢丹新宿店で開催されるサロン ド パルファンで先行販売。

その後、BALLON (https://ballon.jp/)、 La Nuit( https://de-la- nuit.com/)のオフィシャルウェブサイトで販売予定。スケジュールは後日発表予定。

商品内容:手を象ったアロマオーナメント2種(左手・右手)/アロマオイル(10 ml/冊子(左右別の内容)

金額:各16,500円(税込) 成分(アロマオイル):不知火、イランイラン、パロサント、パチョリ

 

福間洸太朗 (ふくま こうたろう) プロフィール

パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学にて学ぶ。20歳でクリーヴランド国際コンクール 優勝。これまでにカーネギーホール、リンカーンセンター、ウィグモアホール、ベルリン・コンツェルトハウス、サントリーホールなどでリサイタルを開催する他、クリーヴランド管、モスクワ・フィル、イスラエル・フィル、フィンランド放送響、ドレスデン・ フィル、NHK交響楽団などの著名オーケストラと共演。CDは「バッハ・ピアノ・トランス クリプションズ」(ナクソス)など、これまでに18枚をリリース。テレビ朝日系「徹子の部 屋」や「題名のない音楽会」、NHK テレビ「クラシック音楽館」などにも出演。第39回日 本ショパン協会賞受賞。(→Instagram

 

 

La Nuit

La Nuitは2021年ローンチしたクラシック音楽を香り化するプロジェクト。“肌で聴く名曲”をコンセプトに、楽曲をフレグランスアイテムに編曲します。音楽と香りの共通点は、 時と共に移ろい、消えるという記憶にしか残らないもの。双方とも儚いがゆえに、最もラグジュアリー。ブランド名は、ピアノ音楽史上最難曲であるラヴェルの『夜のガスパール (Gaspard de la nuit)』が由来。極致と耽美を指向した音楽と香りが五感で混ざり合い、 官能とアートの時へと誘います。