Concept

時空と都市を超える
プライベートサンクチュアリ

都会の喧噪の中の慌ただしい生活の中で、
自分一人になって静かな時間を過ごす時。
時には家族や恋人さえも入り込ませないプライベートな時間と空間。

PARISのアパルトマンのようでもあり、ROMEの古い聖堂のようでもあり、
NEWYORKの古いアトリエの一室みたいだとも感じることもある。

私達が創り上げるのはどこかであるようでいて、そしてどこでもない。
旅に出ているようでいて、でもいつも同じ場所にいるような。
遙か昔のアンティークのようでいて、でも見たこともない何か。

本当の豊かさとは何か。
自分の時間とは何か。
うずたかく本が積まれた図書館で膨大な文献を紐解きながらも、人はきっと自らに問いかけている。

ドイツの作家ミヒャエル・エンデはこういった。
「時間とは、生きるということそのものだ」

都市の夜空に小さな星の光を見つけるように。
川の流れの中に小さな花びらがたゆたうように。
その時間が少しでも美しく、豊かなものでありますように。

 

 

 

A private sanctuary that transcends the confines of time, space, and the city

There are moments, amid the bustle of the city and our hectic lives,

when we take some quiet time for ourselves.

Sometimes it’s private time and space, where even family members or loved ones can’t intrude.

It can feel like an apartment in Paris, an ancient temple in Rome,

or a room in an old studio in New York.

What we create is something that seems to exist both somewhere and nowhere.

It feels as though we’re on a journey, but it’s also as if we haven’t moved.

It resembles an antique piece from the distant past, yet we’ve never seen it before.

What is the true meaning of wealth?

What does it mean to have time to ourselves?

We are inclined to ask ourselves these questions even when we are absorbed
in huge tomes of literature amidst towering piles of books in a library.

Michael Ende, a German writer, once said:

“Time is life itself.”

We hope that you might see a small twinkling star in the urban night sky

or spot a small flower petal as it drifts along a flowing river.

We hope that, however slightly, those moments are beautiful and enriching.